【晴海臨海公園わんわん広場】無料で遊べる!晴海のドッグラン

日本スピッツ ちぃ。
2019年オープンの新しいドッグラン!
2つのエリアが無料で使えるよ。

無料で遊べる公共のドッグラン

晴海臨海公園にある『わんわん広場』は、2019年4月にオープンしたばかりの公共のドッグラン。(東京都中央区が運営)
東京オリンピックの選手村が建設中の晴海地区から、市場のある豊洲地区へとかかる豊洲大橋の橋の下にあります。

晴海大橋の下のドッグラン

ほんとに橋の真下にあります。
日陰があるので日差しも防げますが、全体が覆われているわけではないので雨の日は避けたほうがいいでしょう。

 

晴海臨海公園 ドッグラン

全犬種OKのフリーエリアと小型犬専用エリアの2つのエリアが用意されています。
近隣のマンションには犬を飼っている方も多く、いろんなワンちゃんが入れ替わりでやってきます。

 

▲動画をみてもらうと雰囲気よくわかります。

 

ボールが落ちてます

なぜかよくボールが落ちてます(笑)

 

晴海ドッグランの注意書き

利用時間は朝7時から夜20時まで。
マンションが近いので大きな鳴き声には注意です。

 

晴海ドッグラン フリーエリア

こちらはフリーエリア。
フリーエリアと小型犬エリアで設備面での違いはありません。

 

晴海ドッグラン 水飲み場

エリアの外ですが、給水所も設置されています。

 

晴海ドッグランの注意事項(クリックで拡大します。)

登録も不要で無料で利用はできますが、利用条件はありますのでルールを守って使いましょう。

 

運河沿いに遊歩道や緑地も整備されているので、そちらを散歩するのもおすすめです。
夜にはきれいな夜景も楽しめます。

また、わんわん広場は豊洲市場やららぽーとも近いので、合わせて楽しむこともできます。
ららぽーとには芝生のドッグラン(有料)やドッグカフェもあるのでハシゴしてはいかがでしょう?
豊洲市場は残念ながらペット立ち入り不可なので、行くときはららぽーとの一時ペット預かりを利用するのも手です。

 

晴海臨海公園わんわん広場(ドッグラン)の詳細情報

晴海臨海公園 ドッグラン

特徴・晴海大橋の下にある海の見えるドッグラン。
・砂のシンプルなエリアが2つ。
・近隣のペットオーナーさんたちの交流の場になっています。
広さ480平方メートル
設備情報・エリア種別:全犬種フリーエリア1、小型犬専用エリア1
・水飲み場:ドッグラン外にあり
・ゴミ箱:なし(フンの持ち帰り必要)
・ベンチ:あり
・日陰:あり(橋の影)
・地面:土、砂
・おもちゃ:テニスボールが転がってます
・アジリティ:なし
住所〒104-0053
東京都中央区晴海2-4-27
>>地図で開く
アクセス・都営大江戸線 勝どき駅(A2aまたはA2b出口 徒歩20分
・ゆりかもめ線 新豊洲駅 徒歩12分
・都営バス 晴海三丁目 徒歩3分
利用時間7時から20時まで
休業日なし
利用登録不要
※ただし、保健所への登録・狂犬病予防注射・鑑札の装備の3点が必要です。
利用料金無料
駐車場なし
URLhttps://www.city.chuo.lg.jp/smph/sisetugaido/koento/wanwanhiroba/_user_kdmizu_time_.html
備考利用のお願いをご確認ください。

情報は随時更新されている可能性があります。正確な情報を知りたい場合は、ドッグラン運営元に直接お問い合わせください。
当サイトの情報が古い場合には、コメント欄かお問い合わせよりご指摘いただけますと幸いです。

SNSで見る晴海臨海公園のドッグラン(わんわん広場)

 

日本スピッツ ちぃ。
【ちぃ。のおすすめ度】★★★★☆
無料で使えるのはいいよね。
ちぃ。もよく行くよ!

 

 

スポンサーリンク